So-net無料ブログ作成
検索選択

LOC・Bパドック・Aパドック間の移動方法について [Information]

先日のエントリーでお伝えしたとおり、今年からはLOC参加車両が集まるBパドックから、予選・決勝の走行のときに第1コーナーのトンネルを通らずAパドックへ移動できるようになりました。

2017年度、LOCスケジュール! & そのほか [Information]

つまり、予選・決勝でAパドックに移動するときは、コースの第1ヘアピン手前を横断して移動することになります(Bパドックに戻るときも、同様に横断します)。しかし、速やかに横断してレース進行の妨げにならないようにするには、参加者みなさんのご協力が必要不可欠です。

以下にMCFAJ(全日本モーターサイクルクラブ連盟)から、事務所へ送られた本件に関する通達を転載いたします。みなさん、4月16日(日)の開幕レース(筑波)に備え、コース横断方法について理解を深めていただければ助かります。

*** 以下 転載 ***

1:予選(タイムアタック)

 1:コースイン Bパドックよりマシンを押してAパドックへ。場所は第1ヘアピン手前の通路より。

 2:チェッカー後は、P2(第1ヘアピン)手前より退出(狭角ターンにて注意)。
   MCFAJにて、1、5ポストにて、チェッカーフラッグ。
   パイロン、ボードを用意致します。

 * BパドックよりAパドックへは、一行通行とし、予選時2回横断と致します。
   A→BはNoです。

2:決勝レース

 1:コースイン 予選と同(第1ヘアピン手前)よりマシンを押して横断。
   Aパドックへ。

 2:チェッカー後は最終コーナー(1周回って)よりピットロードへ。

 3:Cゲート(ガソリンスタンドの所)より退出。

 4:マシンを押してBパドックへ

 * ヘルパー、ライダー(マシン)共にB→Aの一方通行とし、
   ヘルパー様はトンネルよりBパドックへ。

 * 決勝時にB→Aパドックへ2回時間を決めて横断と致します。

* 今回テストケースに付、ライダー様の御協力が大です。
  第1ヘアピン手前の退出(タイムアタック)が御注意です。

*** 転載終わり ***

* 上記転載文は、通達のFAXを書き起こし、改行や句読点を編集しております。

なお、4月16日の開幕戦での、朝のブリーフィングにて、MCFAJ及びLOC事務局より、横断方法について詳しい説明をする予定です。また本件についてのお問い合わせはLOC事務局ではなく、MCFAJへお願いいたします(競技進行とコース管理に関するご質問には、LOC事務局には回答する権限がありませんのでご了承ください)。

開幕戦が初の試みとなりますので、当日現場ではいろいろ混乱が生じるおそれがありますが、なにとぞみなさん、ご協力よろしくお願いします! (図は筑波サーキット公式サイト内から加工・転載しました)

名称未設定.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る